ローレンシュ=ローシュの分化と統合理論

ローレンシュ=ローシュの分化と統合理論

現代のように将来の予測が立てづらいようは不確実性の程度が高い中で好業績を上げている企業は、分権と集中の能力がともに高いということを立証した。
また、普遍的な理想組織はありえず、絶えず経営環境によって変化していく必要があることを提唱した。

不確実性とは、以下のような内容があげられます。
環境情報の明確性の欠如・・・経済状況などの情報がよくわからない。
環境因果関係の一般的な不確実性・・・今の経済状況などの状況がなぜそうなっているのかよくわからない。
成果についてのフィードバック情報が入手されるまでの時間幅・・・が長い。


分権と集中の能力がともに高いというのは、要は高い能力の個人がそれぞれで判断するが全体で統制がとれているような状態のことかと思います。
言うのは、簡単ですが行うのは難しいですね。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


続きを読む

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

バーナードの管理論

バーナードの管理論

アメリカ人。1886年から1961年の経営学者。

組織が成立する3要素を以下のように定義した。

・共通目的(組織目的)
・協働意志(貢献意欲)
・コミュニケーション

最近はパソコンに向かって黙々と仕事という会社は多くないですか。ちゃんとコミュニケーションを取りましょう。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


続きを読む

テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

ファヨールの経営管理論

ファヨールの経営管理論

フランス人。1841/7/29-1925/11/19。「管理原則の父」とも呼ばれ、経営管理論の基礎を築いた人です。

分業・・・仕事は分業にする
権限と責任・・・権限があるものが責任も取る
規律・・・人の行為の規準となるものを作る
命令の統一・・・一人の上司から命令を受ける
指揮の統一・・・一つの計画のもとに業務を行う
個人利益の全体利益への従属・・・全体利益を優先する
公平な従業員報酬・・・従業員を公平に扱う
集権・・・できるかぎり集権化する
階層組織・・・組織を階層化する
秩序・・・きまりを守る
公正・・・公正にする
従業員の安定・・・頻繁な人事異動は控える
創意・・・計画をして実行する
従業員の団結・・・団結して行動する

また、企業活動として、 以下の活動があることを示した。

技術的活動
商業的活動
財務的活動
保全活動
会計的活動
管理的活動

さらに、管理的活動としては、
予測→組織→命令→調整→統制
というサイクル、いわゆるマネジメント・サイクルが必要であるとした。


こんにちとしては、会社組織としては当たり前の内容ですが、それだけ、ファヨールの理論が世間に浸透しているということでしょうか。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります

続きを読む

テーマ : 最新話題ビジネス情報
ジャンル : ビジネス

ポーターの5つの競争要因

ポーターの5つの競争要因

ポーターの5つの競争要因とは、以下の5つを指します。
①競争業者・・・・競争相手に気を付けろ
②供給業者・・・・仕入先に気を付けろ。仕入ができないと商品が作れなくなる。
③買い手・・・・お客の変化に気を付けろ
④新規参入業者・・・・新規参入業者に気を付けろ。彼らは予想外のことをしてくる
⑤代替品・・・・自社の商品に代わる新たな商品がないかに気を付けろ。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

テーマ : 経営コンサルタントからのアドバイス
ジャンル : ビジネス

ポーターの競争戦略

ポーターの競争戦略

ポーターとは、マイケル・ポーターのことで、アメリカの経営学者である。

戦略構築のポイント
・自社の競争関係上の位置づけを明確にする
・自社の競争相手に対する優位性を考える

3つの基本戦略
コストリーダーシップ・・・低価格戦略。主には市場リーダーに向く戦略
差別化・・・・他社との差別化を図る
集中・・さらに、コスト集中、差別化集中、ニッチャーに分けられる。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

多角化

多角化

多角化を行う理由には以下の内容が挙げられます。 
①適正な事業バランスによる収益の安定
②範囲の経済
③リスクの分散
④未利用資源の活用

ちなみに多角化には以下の内容があります。
①水平的多角化・・・既存市場と同じタイプの顧客を対象に新たな事業を行う
②垂直的多角化・・・商品・サービスは既存のものを用いて事業を行う
③集中的多角化・・・経営資源を集中的に投下して新たな事業を行う
④集成的多角化・・・全く関連のない分野で新しい事業を行う。

展開方式 
①R&D ・・・自社で研究開発を行う
②提携・合併・・・他社と契約する
③M&A・・・他社を買収する
④スピン・アウト・・・自社の事業部を別会社にする

留意点 
①ドメイン(事業領域)の明確化
②シナジーの活用  
③経営資源の充実  
④実施タイミングの適切性           
⑤新規事業分野の成長性の見極め

経営資源の強化

経営資源に限界
多角化を行うにあたり制約となるのは経営資源に限界があるということでしょうか。
特に中小企業は経営資源が少ないので、限界を感じることは多いでしょう。
その場合には自社の中核の経営資源(コア・コンピダンス)に特化して、企業間の連携を行うのも一案かと思います。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

市場集中化戦略

市場において、すべての領域に対応するのではなく、特定のセグメントに対して集中していく戦略のことである。

ニッチャーの戦略と同等。
自社資源を特定領域に集中化させて競争の優位性を確保していくこと。

中小企業向きの戦略といいたいところですが、最近は、「選択と集中」というように大手企業でも特定分野への
資源の集中は必要になってきていると思いますよ。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

市場細分化戦略

市場細分化戦略

市場細分化戦略とは、市場をなんらかの基準でいくつかに分割(セグメント)し、その市場セグメントに最も適した戦略行動(マーケティング活動)を行う。

現在は、市場ニーズが多様化しており、セグメントごとに異なる活動を展開しないと市場ニーズに合致しないという背景がある。

市場細分化を行う手順は以下の通りです。
(ア) 市場をある基準でセグメントする
(イ) 標的とするセグメントを選択する
(ウ) 選択したセグメントごとの要素の開発と組み合わせ (マーケティング・ミックス)


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

なかなか全体の市場を見ていてもお客さんが欲しいものはわからないです。うまく特定のお客さん層(市場ターゲット層)を見つけることがポイントですね。

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

差別化戦略

差別化戦略

同質な市場あるいは市場セグメントにおいて、自社製品を他社製品に対し差別的優位性を構築して、自社製品のシェアを高め、価格競争に陥るのを防ぐための戦略

具体的には以下の方法が考えられる。
1)実質的差別化 : 材質、機能、性能、品質など
2)形式的差別化 : ブランド、包装など

本来は実質的な部分で差別化をしたいところですが、最近はどの製品も高機能化されており、なかなか実質的な部分で差別化をできなかったり、実質的な差別化部分がユーザーには伝わりにくかったり、しています。そのため、形式的な部分で何とか差別化を図ろうとするわけです。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります


続きを読む

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

市場の地位と競争戦略

市場の地位と競争戦略

リーダー
・シェアが首位
・市場の全領域においてオーソドックスな戦略を展開する
・製品開発・価格設定などにおいても市場のリーダー

チャレンジャー
・絶えば市場リーダーにチャレンジ
・市場リーダーとの差別化

フォロワー
・市場リーダやチャレンジャーの戦略を模倣しながら追従する戦略
・市場が拡大していれば一定の成果が得られるが、縮小している場合には真っ先に淘汰される

ニッチャー
・市場の特定領域(隙間:ニッチ)において
その独自性を発揮しながらミニ・リーダーシップを発揮するような戦略を取る

中小企業はニッチャーになるのが理想ですね。
フォロワーは模倣ということで、言葉では悪く聞こえますが、学ぶということはまねをするということで、
個人的には悪くない戦略だと思いますよ。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります

続きを読む

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

アンゾフの成長ベクトル

アンゾフの成長ベクトル

現在の「製品ー市場分野」との関連における企業の今後の
方向性を示すのが「成長ベクトル」である。
その際には、シナジー(相乗効果)を利用することが望ましい。

成長ベクトルの構成要素

市場/製品 現在 新規
現在 市場侵透 製品開発
新規 市場開発 多角化


現在は、ワールドワイドな事業展開を行う必要があるため、「選択と集中」というように
事業分野を特定させる時代です。従いまして、多角化は今の時代にはちょっとそぐわない
かと思います。

アンゾフの成長戦略策定にあたっては以下のように行っていきます。
・製品ー市場分野の選択
・成長ベクトルの検討
・シナジーの測定
・競争上の利点評価
製品ー市場分野の選択にあたっては一般的に以下のようなリスクが存在します。
・現在の市場および製品と関連性のあることを行うとリスクは低い。
・現在の市場および製品と関連性のあることを行うとリスクは高い。

当たり前と言えば当たり前ですが。

ちなみに多角化には以下のような内容があります。
・水平的多角化・・・既存市場と同じタイプの顧客を対象に新たな事業を展開。
・垂直的多角化・・・商品・サービスは既存のもの
・集中的多角化・・・経営資源を集中的に投下。ような何らかのシナジー(相乗効果)を得る。
・集成的多角化・・・なんら関係なし


シナジー(相乗効果)には以下のような内容があります。
①販売シナジー・・・販売先が同じなど
②生産シナジー・・・生産方法が同じなど
③投資シナジー・・・同じ設備投資が活用できるなど
④管理シナジー・・・管理方法が同じなど





無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

SWOT分析

SWOT分析

企業の現状を分析するための技法

経営環境を内部(資源構造)からの影響と外部(外部環境)
からの影響に区分し、さらに好影響をもたらすものと、悪影響を
もたらすものに区分してマトリックスを作り、それにより自社の影響
条件を明確にするもの

・マトリックスの要素
①強み(S:Strength) : 自社の資源構造の強み
②弱み(W:Weakness) : 自社の資源構造の問題点
③機械(O:Opportonities) : 外部環境からの戦略機会
④脅威(T:Threats) : 外部環境からの望ましくない状況

SWOT分析
好影響  悪影響
内部(自社)S 強みW 弱み
外部 O 機会T 脅威


戦略(方向性)を考える上で、まずは現状をとらえないといけません。
この分析方法はとてもシンプルで適用範囲も広いのではないかと思います。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

企業の社会的責任

企業のポジティブな社会的責任

メセナとは、文化や芸術の支援活動を意味する
企業は次の2通りの方法で支援活動を行う

①直接的な方法であり、冠コンサート、冠イベント、冠講座
など、企業名をつけた各種の催しや寄付
②基金を設定して財団をつくり財団を通じて支援を行う方法

フィランソロピーとは、企業の社会貢献活動のことをさす
具体的には、民間の活動である慈善、博愛、篤志活動などへの企業の援助活動である。

<活動内容> 
①地域振興 ②社会福祉
③国際交流 ④教育文化振興
⑤自然環境保護 ⑥地域社会交流
⑦スポーツ振興

なんだかんだと言って、企業のブランド価値をあげる一環と考えてよいかと思いますよ。

無料の動画講座はこちらをクリックしてください

システム開発会社を探されている方はこちらをクリックしてください

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理はこちらをクリックしてください

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

中小企業の定義と長所と短所

中小企業の定義と長所と短所

定義        資本金   従業員

鉱工業      3億円以下  300人
卸売業      1億円以下  100人
小売り  5000万    50人
サービス 5000万    100人

長所 
①独自性
②機動性
③経営者の迅速な意思決定とその実施
④着想と機会の機敏な把握性
⑤地域との密着性

短所 
①個人的色彩
②家族労働に依存
③信用度の低さ
④機械・設備が旧式
⑤技術水準が低い
⑥下請的立場
⑦労働条件がよくない
⑧人材確保困難

役割 
①競争の狙い手
②創造的挑戦の場の提供・人間尊重の社会の貢献
③個性ある地域づくりに貢献
④草の根レベルの国際化の狙い手
⑤豊かな国民生活の寄与
⑥技術革新・情報化の狙い手

結局、長所と短所は裏返し的な部分がありますね。
ちなみに、中小企業に定義されますと、中小企業向けの補助金を受けれたり、税制の優遇などが受けられます。

無料の動画講座はこちらをクリックしてください

システム開発会社を探されている方はこちらをクリックしてください

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理はこちらをクリックしてください

続きを読む

adwords

外部リンク

カテゴリーメニュー 改
カテゴリ
検索フォーム
広告
最新記事
月別アーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
各種タグ
キーワードをクリックすると該当のページに移動

中小企業診断士 情報システム  基本情報技術者のC言語 「レスリスバーガーの人間関係論(社会体系論) 「バーナードの協働体系論 「経営の階層 経営組織の体系 「官僚的組織」 「ITパスポートの徹底研究、通信講座」 「基本情報処理技術者試験の徹底研究、通信講座」 「当社のシステム開発サービスのご説明」 「マトリックス組織」 組織の活性化 「テイラーの科学的管理法 マズローの欲求5段階説 経営基本管理(コンティンジェンシー理論) 経営基本管理(SL理論) 経営基本管理(技術システムの高度化と組織) 経営基本管理(分化と統合の理論) 経営基本管理(意思決定論) 経営基本管理状況(適応的リーダーシップ理論) 経営基本管理(システム4理論) 行動科学理論(マネジリアル・グリッド) 動機づけ・衛生理論 行動学理論(ホーソン実験) 行動科学理論(フォードシステム) 経営基本管理(期待理論) XY理論 

当社のシステム開発の詳細
当社はaccess-excelでの小規模システム開発を中心に年間に50社以上の開発実績がございます。詳細は06-6599-8890ないしinfo@ai-light.comまで今すぐお問合せください
プロフィール

itkeieinews

Author:itkeieinews
ITと経営ニュースへようこそ!
アイライトIT経営研究会
株式会社アイライト
電話でのお問合せは06-6599-8890
Email:info@ai-light.com

メールフォーム
こちらからも簡単にメールを送付できます。当社のサービスに関してご質問がございましたら、よろしければ、ご利用ください。直接お電話の場合は06-6599-8890までご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り
本サイトをそのまま消してしまうと、もう探せなくなってしまうかもしれません。 当社はいずれお役に立てることがあるかと思いますので、よろしければお気に入りにご登録ください。
リンクツリーV1.1a
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア