12/30のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/KEWxcV8ti0
12-30 10:17

12/29のツイートまとめ

IT01765612

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/pi1JAb2QkF
12-29 16:52

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/KEWxcVq4GA
12-29 16:49

動画にメッセージを追加する https://t.co/KEWxcVq4GA
12-29 16:10

12/24のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/ifLp76ROkM
12-24 18:32

12/23のツイートまとめ

IT01765612

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/ifLp76ROkM
12-23 18:45

動画にメッセージを追加する https://t.co/ifLp76ROkM
12-23 18:44

12/21のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/pi1JAb2QkF
12-21 11:33

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/OSQJV9x4TL
12-21 11:32

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/7CcxXglWaG
12-21 11:32

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/dtFE5NH6nD
12-21 11:32

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/5zdTudxzca
12-21 11:31

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/g9U3W4OKCN
12-21 11:31

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/sTIjZQBkwj
12-21 11:30

12/19のツイートまとめ

IT01765612

動画にメッセージを追加する https://t.co/pi1JAbkrcd
12-19 15:02

動画にメッセージを追加する https://t.co/OSQJV9x4TL
12-19 14:58

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/5zdTudxzca
12-19 14:52

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/g9U3W4OKCN
12-19 14:52

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/OSQJV9x4TL
12-19 14:48

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/7CcxXglWaG
12-19 14:48

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/5zdTudPa3I
12-19 14:48

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/dtFE5NH6nD
12-19 14:48

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/g9U3W56lul
12-19 14:48

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/pi1JAb2QkF
12-19 14:48

続きを読む

POSシステム導入のメリット

 POSシステム導入のメリット

大きくは以下のメリットがある。

オペレーションレベル
・レジ業務の省力化
・データ収集能力の向上

店舗運営管理レベル
・店舗運営の合理化
・店舗運営の適正化

経営管理レベル
・資産回転率の向上
・商品計画の適正化
・顧客管理の向上


もう少し細かくは以下のメリットがある



商品管理
・売れ筋・死に筋商品管理
・スローセラー商品の見切り適正化
・店舗間在庫の問合せと引当て
・補充発注の適正化
・新商品売上実績管理(期中生産計画・新製品開発)

陳列管理
・棚割計画
・レイアウト設計
・プロノグラム分析・・・商品の陳列を工夫してその配置を決めた棚割り表

仕入在庫管理
・発注勧告
・自動補充発注
・販売量予測
・ロス管理

販売促進活動
・適正売価決定
・部門別売上
・粗利益管理
・時間帯別売上管理

顧客管理
・顧客の組織化、固定化
・クレジットによる売上増加
・新需要の喚起(DMなど)
・商品郡別売上・入金管理



システム開発会社を探されている方はこちらから


無料の動画講座はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの情報システムになります


続きを読む

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

POSシステムの構成

POSシステムの構成

ストア・コントローラ
POSレジをコントロールするサーバーのこと。単にPOSレジだけではなく、入荷管理、売上管理、在庫管理などと連動させている場合が多い。



POSターミナルとは、店舗に設置するいわゆるPOSレジことである。POSレジには2つのタイプがある。
オンライン型・・・複数台のPOSレジがネットワーク接続されているようなもの。
スタンドアロン型・・・1台で稼働するもの。

形状からは以下のようなものがある。
・定置式スキャナ・・・スーパーなどにある商品を動かして、バーコードを読み取るタイプのもの。
・ハンド式スキャナ・・・コンビニにあるようなタイプ。



システム開発会社を探されている方はこちらから


無料の動画講座はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの情報システムになります


続きを読む

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

インストアマーキング

インストアマーキング

JANコードは通常、メーカーなどで取得していているので同じJANコードは全国・全世界共通のコードで流通させることができます。そのような状態をソースマーキングと呼びます。
それに対して、例えば、惣菜などは店舗内で作って販売します。そのような特定の小売店またはグループ内でのみ有効なJANコードをインストアマーキングと呼びます。
インストアマーキングには2つのコード体系が存在しています。
PLU・・・(Price Look Up)システムに登録してある価格を検索して、金額登録を行う方法 
 
Now PLU・・・表示コードシンボル内に価格を表示している方法
インストアマーキングの先頭2桁は通常20~29や02などを使用します。


システム開発会社を探されている方はこちらから


無料の動画講座はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの情報システムになります


続きを読む

テーマ : ネットビジネス
ジャンル : ビジネス

JANコードの構成,

JANコードの構成

標準タイプ 13桁
国コード 2桁、商品メーカーコード 5桁、商品アイテムコード 5桁、チェックデジット 1桁

短縮タイプ 8桁
国コード 2桁、商品メーカーコード 4桁、商品アイテムコード 5桁、チェックデジット 1桁

日本の国コードは49であったが1992年に、45も取得されています。
商品メーカーコードは、商工会議所に申請して取得する。
商品アイテムコードは、企業が自由に付番できます。
チェックデジットは、計算で求められます。


JAN13桁のチェックデジットの求め方
以下のようなJANコードがあった場合のチェックデジットの求め方は以下の通りです。
桁番号    13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
JAN13桁の例 4 9 0 1 0 8 5 1 2 8 5 3 4

1.すべての偶数位置の数字を加算する。
9+1+8+1+8+3=30

2.1の結果を3倍する。
30*3=90
3.すべての奇数位置の数字を加算する。
4+0+0+5+2+5=16
1桁目はチェックデジットそのものなのでここでは足し算しません。というか、この説明はそもそも1桁目を求める説明です。

4.2の答えと3の答えを加算する。
90+15=106
5.最後にの下1桁の数字を"10"から引く。
10-6=4

同様にJAN8桁は以下のようにして求めます。
以下のようなJANコードがあった場合のチェックデジットの求め方は以下の通りです。
桁番号    13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
JAN13桁の例 0 0 0 0 0 4 9 1 2 3 4 5 6

1.すべての偶数位置の数字を加算する。
0+0+4+1+3+5=13

2.1の結果を3倍する。
13*3=39

3.すべての奇数位置の数字を加算する。
0+0+0+9+2+4=15

4.2の答えと3の答えを加算する。
39+15=54

5.最後に"下1桁の数字を"10"から引く。
10-4=6



システム開発会社を探されている方はこちらから


無料の動画講座はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの情報システムになります


続きを読む

テーマ : ITコンサルタント
ジャンル : ビジネス

ローレンシュ=ローシュの分化と統合理論

ローレンシュ=ローシュの分化と統合理論

現代のように将来の予測が立てづらいようは不確実性の程度が高い中で好業績を上げている企業は、分権と集中の能力がともに高いということを立証した。
また、普遍的な理想組織はありえず、絶えず経営環境によって変化していく必要があることを提唱した。

不確実性とは、以下のような内容があげられます。
環境情報の明確性の欠如・・・経済状況などの情報がよくわからない。
環境因果関係の一般的な不確実性・・・今の経済状況などの状況がなぜそうなっているのかよくわからない。
成果についてのフィードバック情報が入手されるまでの時間幅・・・が長い。


分権と集中の能力がともに高いというのは、要は高い能力の個人がそれぞれで判断するが全体で統制がとれているような状態のことかと思います。
言うのは、簡単ですが行うのは難しいですね。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


続きを読む

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

12/10のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/YGRHNAqUZm
12-10 09:57

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/yqyCEaWVCA
12-10 09:57

バーナードの管理論

バーナードの管理論

アメリカ人。1886年から1961年の経営学者。

組織が成立する3要素を以下のように定義した。

・共通目的(組織目的)
・協働意志(貢献意欲)
・コミュニケーション

最近はパソコンに向かって黙々と仕事という会社は多くないですか。ちゃんとコミュニケーションを取りましょう。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


続きを読む

テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

12/09のツイートまとめ

IT01765612

動画にメッセージを追加する https://t.co/YGRHNAqUZm
12-09 11:48

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/yqyCEaWVCA
12-09 11:41

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/7KBgJMZayi
12-09 11:40

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/YGRHNAqUZm
12-09 11:40

動画にメッセージを追加する https://t.co/yqyCEaWVCA
12-09 11:36

ファヨールの経営管理論

ファヨールの経営管理論

フランス人。1841/7/29-1925/11/19。「管理原則の父」とも呼ばれ、経営管理論の基礎を築いた人です。

分業・・・仕事は分業にする
権限と責任・・・権限があるものが責任も取る
規律・・・人の行為の規準となるものを作る
命令の統一・・・一人の上司から命令を受ける
指揮の統一・・・一つの計画のもとに業務を行う
個人利益の全体利益への従属・・・全体利益を優先する
公平な従業員報酬・・・従業員を公平に扱う
集権・・・できるかぎり集権化する
階層組織・・・組織を階層化する
秩序・・・きまりを守る
公正・・・公正にする
従業員の安定・・・頻繁な人事異動は控える
創意・・・計画をして実行する
従業員の団結・・・団結して行動する

また、企業活動として、 以下の活動があることを示した。

技術的活動
商業的活動
財務的活動
保全活動
会計的活動
管理的活動

さらに、管理的活動としては、
予測→組織→命令→調整→統制
というサイクル、いわゆるマネジメント・サイクルが必要であるとした。


こんにちとしては、会社組織としては当たり前の内容ですが、それだけ、ファヨールの理論が世間に浸透しているということでしょうか。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります

続きを読む

テーマ : 最新話題ビジネス情報
ジャンル : ビジネス

EDI

 EDI

EDIとはElectronic Data Interchangeの略で、電子データ交換のことである。企業間などで取引業務の事務処理を効率化するため受発注などの取引データをネットワーク上でやり取りするためのプロコトル(取り決め)のことである。


システム開発会社を探されている方はこちらから


無料の動画講座はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの情報システムになります

続きを読む

テーマ : 最新話題ビジネス情報
ジャンル : ビジネス

ポーターの5つの競争要因

ポーターの5つの競争要因

ポーターの5つの競争要因とは、以下の5つを指します。
①競争業者・・・・競争相手に気を付けろ
②供給業者・・・・仕入先に気を付けろ。仕入ができないと商品が作れなくなる。
③買い手・・・・お客の変化に気を付けろ
④新規参入業者・・・・新規参入業者に気を付けろ。彼らは予想外のことをしてくる
⑤代替品・・・・自社の商品に代わる新たな商品がないかに気を付けろ。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

テーマ : 経営コンサルタントからのアドバイス
ジャンル : ビジネス

POSシステム

POSシステム

POSとはPoint of Sales Systemの略で、販売時点情報管理システムのことである。簡単にいうと、コンビニなどにあるPOSレジのことです。

具体的にPOSシステムとは、光学式自動読み取り方式のレジスターにより、単品別に収集した販売情報や仕入、配送などの段階で発注する各種の情報をコンピュータに送り、各部門がそれぞれの目的に応じて 有効利用できるような情報に処理、加工し伝送するシステムのことである。

導入の目的
①レジの省力化、迅速化
②売れ筋・死に筋商品の把握
③顧客の信頼性向上
④在庫の適正化
問題点
①出力データを有効に活用できない
②業界全体の共通化が遅れている

続きを読む

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

PPM

PPM

PPMとはプロダクトポートフォリオマネジメントの略で、アベグレンとBCG(ボストンコンサルティンググループ) によって開発された経営分析手法である。

相対的的マーケットシェア
(資金の流入が多い)
高 低
市場成長率
(支出が多い)
高 花形製品 問題児
低 金のなる木 負け犬

市場成長率が高く、相対的マーケットシェアが高いものは、「花形商品」である。資金の流入が多いが支出も多いため収支的にはさほどよくない。
市場成長率が高く、相対的マーケットシェアが低いものは、「問題児」である。資金の流入が少ないが支出が多いため収支的には問題がある。
市場成長率が低く、相対的マーケットシェアが高いものは、「金のなる木」である。資金の流入が多いが支出は少ないため儲かる製品となる。
市場成長率が低く、相対的マーケットシェアが低いものは、「負け犬」である。資金の流入が少ないが支出は少ないため将来性がなく早期に撤退すべきである。

前提となる2つの理論は、製品ライフサイクル理論および、経験曲線理論である。 


PPM理論の視点から、組織単位を見直した組織構造を、戦略事業単位(SBU)という。 

この理論には以下の問題が指摘されている。 
①将来への新製品開発などへの理論ではない
②製品間のシナジーや製品差別化の効果が考慮 されていない。
③理論が抽象的



無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

EOS

EOS(Electronic Ordering System)

受発注システムのこと。

小売店舗などで作成した補充発注データを、通信回線等の利用により本部サーバーに送信することで、店舗、本部、配送センターなどにおける作業の省力化・正確化、情報収集のスピードアップを目的とした補充発注システムである。




システム開発会社を探されている方はこちらから


無料の動画講座はこちらから


当内容と関連する記事はカテゴリの情報システムになります

続きを読む

テーマ : インターネットビジネス
ジャンル : ビジネス

ポーターの競争戦略

ポーターの競争戦略

ポーターとは、マイケル・ポーターのことで、アメリカの経営学者である。

戦略構築のポイント
・自社の競争関係上の位置づけを明確にする
・自社の競争相手に対する優位性を考える

3つの基本戦略
コストリーダーシップ・・・低価格戦略。主には市場リーダーに向く戦略
差別化・・・・他社との差別化を図る
集中・・さらに、コスト集中、差別化集中、ニッチャーに分けられる。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

12/02のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/7KBgJMZayi
12-02 10:04

動画にメッセージを追加する https://t.co/7KBgJMZayi
12-02 09:46

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/mF5nKGfkrV
12-02 09:41

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/7KBgJMZayi
12-02 09:40

多角化

多角化

多角化を行う理由には以下の内容が挙げられます。 
①適正な事業バランスによる収益の安定
②範囲の経済
③リスクの分散
④未利用資源の活用

ちなみに多角化には以下の内容があります。
①水平的多角化・・・既存市場と同じタイプの顧客を対象に新たな事業を行う
②垂直的多角化・・・商品・サービスは既存のものを用いて事業を行う
③集中的多角化・・・経営資源を集中的に投下して新たな事業を行う
④集成的多角化・・・全く関連のない分野で新しい事業を行う。

展開方式 
①R&D ・・・自社で研究開発を行う
②提携・合併・・・他社と契約する
③M&A・・・他社を買収する
④スピン・アウト・・・自社の事業部を別会社にする

留意点 
①ドメイン(事業領域)の明確化
②シナジーの活用  
③経営資源の充実  
④実施タイミングの適切性           
⑤新規事業分野の成長性の見極め

経営資源の強化

経営資源に限界
多角化を行うにあたり制約となるのは経営資源に限界があるということでしょうか。
特に中小企業は経営資源が少ないので、限界を感じることは多いでしょう。
その場合には自社の中核の経営資源(コア・コンピダンス)に特化して、企業間の連携を行うのも一案かと思います。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります

続きを読む

11/30のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/5m2DnYSmDN
11-30 20:16

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/5m2DnYSmDN
11-30 12:24

動画にメッセージを追加する https://t.co/5m2DnYSmDN
11-30 12:23

adwords

外部リンク

カテゴリーメニュー 改
カテゴリ
検索フォーム
広告
最新記事
月別アーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
各種タグ
キーワードをクリックすると該当のページに移動

中小企業診断士 情報システム  基本情報技術者のC言語 「レスリスバーガーの人間関係論(社会体系論) 「バーナードの協働体系論 「経営の階層 経営組織の体系 「官僚的組織」 「ITパスポートの徹底研究、通信講座」 「基本情報処理技術者試験の徹底研究、通信講座」 「当社のシステム開発サービスのご説明」 「マトリックス組織」 組織の活性化 「テイラーの科学的管理法 マズローの欲求5段階説 経営基本管理(コンティンジェンシー理論) 経営基本管理(SL理論) 経営基本管理(技術システムの高度化と組織) 経営基本管理(分化と統合の理論) 経営基本管理(意思決定論) 経営基本管理状況(適応的リーダーシップ理論) 経営基本管理(システム4理論) 行動科学理論(マネジリアル・グリッド) 動機づけ・衛生理論 行動学理論(ホーソン実験) 行動科学理論(フォードシステム) 経営基本管理(期待理論) XY理論 

当社のシステム開発の詳細
当社はaccess-excelでの小規模システム開発を中心に年間に50社以上の開発実績がございます。詳細は06-6599-8890ないしinfo@ai-light.comまで今すぐお問合せください
プロフィール

itkeieinews

Author:itkeieinews
ITと経営ニュースへようこそ!
アイライトIT経営研究会
株式会社アイライト
電話でのお問合せは06-6599-8890
Email:info@ai-light.com

メールフォーム
こちらからも簡単にメールを送付できます。当社のサービスに関してご質問がございましたら、よろしければ、ご利用ください。直接お電話の場合は06-6599-8890までご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り
本サイトをそのまま消してしまうと、もう探せなくなってしまうかもしれません。 当社はいずれお役に立てることがあるかと思いますので、よろしければお気に入りにご登録ください。
リンクツリーV1.1a
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア