経営基本管理(意思決定論)

意思決定論
提唱者:ハーバート・サイモン
1916年6月15日 - 2001年2月9日

ノーベル賞受賞者
受賞年:1978年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:経済組織内部での意思決定プロセスにおける先駆的な研究を称えて


意思決定を行う場合には2つの前提が必要である。
価値前提・・・最終結果として何を望むか
事実前提・・・現状の認識

意思決定のプロセスは以下の順で行われる。
情報活動・・・まずは情報を収集・分析する
設計活動・・・代替案を作成し、それらを比較する
選択活動・・・代替案を評価し、選択する。

その際にはすべての情報、完璧な予測ができるわけでは
ないので最適化原理で物事を決定できるわけではなく、
不完全な内容から満足できるものを選択するという満足化原理
で行動しなければならない。

組織均衝論
組織が存続する条件は、
 誘因 ≧ 貢献
であるとした。

ノーベル賞受賞される方は素晴らしいことを言いますね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります




経営基本管理(分化と統合の理論)

分化と統合の理論
提唱者:ローレンス&J.W.ローシュ

不確実性の高い環境の下で高い業績を上げている企業は、職能部門間の分化(部門が独立して動ける度合)の程度が高く、
さらにこれらの部門間の活動や意思決定を調整し統合する機能が存在していることがわかった。


不確実性の高い環境とは現在のような環境の変化が激しい状況をいいますが、分化していることで、すばやく行動できる
ということかと思います。ただし、分化だけではバラバラな組織になってしまうので、さらにそれらを統合する機能が
必要ということでしょうね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります



経営基本管理(技術システムの高度化と組織)

技術システムの高度化と組織

J.ウッドワード
技術が組織構造を規定する

単品生産:フラットな組織
大量生産:再者の中間的な組織
装置生産:タテに長い組織

なぜでしょうか。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります



経営基本管理(コンティンジェンシー理論)

コンティンジェンシー理論
提唱者:バーンズ、ストッカー

安定した経営環境では機械的組織(官僚的組織)が有効である
不安定な経営環境では有機的組織(非官僚的組織)が有効である


官僚的組織が組織の基本型であるかと思いますが、環境の変化が激しい
ような場合(不安定な経営環境)には様々な工夫がいるということでしょうか。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります



経営基本管理(SL理論)

SL理論
提唱者:ハーシー、ブランチャード
1977年に提唱されました。


部下の成熟度が高まっていくに従って、次のようなスタイルを取るべき

教示的リーダーシップ
・指導(高い仕事志向、低い人間志向)

説得的リーダーシップ 
・教示(高い仕事志向、高い人間志向)

参加的リーダーシップ
・相談(低い仕事志向、高い人間志向)

委任的リーダーシップ
・委任(低い仕事志向、低い人間志向)

部下には仕事を自由にさせた方がモチベーションがアップしてよいですが、
部下のスキルが低い場合には、しっかりと教えなければなりません。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります




経営基本管理状況(適応的リーダーシップ理論)

状況適応的リーダーシップ理論(コンティンジェンシー・モデル)
提唱者:F.フィドラー

リーダーはおかれた状況に見合ったリーダーシップ・スタイルを自在に取るべき

リーダーシップを発揮しやすさは以下の3つの変数で決まります。
・リーダーが組織の他のメンバーに受け入れられる度合い
・仕事・課題の明確さ
・リーダーが部下をコントロールする権限の強さ  

リーダーというと何か理想のリーダー像を想像しますが、状況によって変えるというのは
「なるほど」といった感じですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります




経営基本管理(システム4理論)

システム4理論
提唱者:R.リッカート
1961年に提唱。

システム1)独善的専制型リーダーシップ
     →リーダーがすべてを決める。

システム2)思情的専制型リーダーシップ
     →予め決められた範囲では部下のレベルでも決定できるが、基本的にはリーダーがすべてを決めます。

システム3)相談型リーダーシップ
     →リーダーが重要なことを決め、個別問題は部下に権限委譲されます

システム4)参加型リーダーシップ
     →組織全体で意思決定を行う


参加型リーダーシップが最も優れている。


参加型リーダーシップを行うには個々の能力がそれなりに高くないといけませんね。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


経営基本管理(期待理論)

期待理論
V.H.ブルーム
L.W.ポーター&E.E.ローラー

動機の強さは以下の内容で決まります。
・自分の努力が成果に結びつくか
・成果によって報酬が得られるか、
・その報酬が自分にとって魅力的であるか


自分にもできるという気持ちが大切ですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります




行動科学理論(フォードシステム)

フォードシステム

少品種大量生産を行うために2つ要因が重要である。

標準化・・・部品、作業、工程など様々な箇所で基準・規格を設けて画一的に
      行うことである。

移動組立法・・・製品をライン上で動かし人は定位置で画一的な作業を担当する。

製造業では、馴染みのある方法ですが、あくまでも少品種大量生産に向く方法です。
今日の日本ではむしろ多品種少量生産が求められる時代ですので、他の生産スタイル
も提唱されてきています。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


行動学理論(ホーソン実験)

ホーソン実験
提唱者:エルトン・メイヨー、フリッツ・レスリスバーガー

労働者の作業能率・・・職場における個人の人間関係や
目標意識に左右される。

非公式組織(インフォーマル・グループ)・・・
非公式組織における仲間意識や集団内の規範が作業能率に影響を与える。


要するに、会社の飲み仲間の仲間意識が仕事に影響を与えるといったことですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


02/18のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/RpshxVIe7G
02-18 21:33

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/0Cz6JmbgAX
02-18 21:32

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/J4PNezjA9i
02-18 21:32

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/DE3x8ZEapt 経営戦略マスター講座セット品
02-18 11:53

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/1lUzZR1YrP access2010入門講座、フォーム編
02-18 11:53

02/08のツイートまとめ

IT01765612

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/nVo7rCERvO
02-08 15:07

動画にメッセージを追加する https://t.co/a7CjnWvEw8
02-08 15:05

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/a7CjnWvEw8
02-08 15:05

動画にメッセージを追加する https://t.co/cKfOYUo4bU
02-08 14:46

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/cKfOYUo4bU
02-08 14:40

02/01のツイートまとめ

IT01765612

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/yupiRCXoW3
02-01 21:01

.@it01765612 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/vdcyCkuXbL
02-01 21:01

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/nVo7rCng7e
02-01 18:20

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/uQ2bGhnUkt
02-01 18:19

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/nVo7rCERvO
02-01 18:19

動画にメッセージを追加する https://t.co/nVo7rCERvO
02-01 18:17

動画にメッセージを追加する https://t.co/uQ2bGhnUkt
02-01 17:24

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/uQ2bGhFvc1
02-01 17:23

動画にメッセージを追加する https://t.co/sEc6l13y9o
02-01 15:25

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/TmkaUAai4T 起業を成功させる3つのポイント
02-01 15:25

続きを読む

行動科学理論(マネジリアル・グリッド)

行動科学理論(マネジリアル・グリッド)

マネジリアル・グリッド
提唱者:ブレーク、ムートン

リーダーシップの行動スタイルを「人への関心」と「業績への関心」
という2軸でとらえた行動理論です。

「人への関心」「業績への関心」共に高いことが望ましく、
リーダーの行動から「人への関心」「業績への関心」どの程度かを
分析していきます。

当たり前と言えば当たり前ですが、頭ではわかっていても行動できない
ものですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります





行動科学理論(動機づけ・衛生理論)

動機づけ・衛生理論
ハーズバーグ
1923年 - 2000年

衛生要因・・・苦痛を避けようとする欲求
例・監督、労働条件、給与、人間関係

動機づけ要因・・・心理的に成長しようとする欲求
例・達成、承認、仕事そのもの、責任

衛生要因をすべて取り除いても満足を引き出すことにはならない。
仕事の満足度を引き出すには動機づけ要因を満たさないといけない。


確かに仕事の満足度を引き出すには、動機づけ要因が必要ですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります





行動科学理論(XY理論)

XY理論(エックスワイりろん)
提唱者:ダグラス・マグレガー。アメリカの心理学者
1906年4月16日 - 1964年10月1日

X理論
人間は本来なまけものである。
管理や懲罰で人材を管理する。

Y理論
人間は本来、自ら進んで行動する。
労働者の自主性を尊重して管理する。

Y理論を実践していくには個人目標と組織目標を統合して、
目標による管理を行っていくことが重要です。

個人的には両方が必要ではないかと思います。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります




行動科学理論(マズローの欲求5段階説)

マズローの欲求5段階説
提唱者:アブハム・マズロー。アメリカの心理学者
1908年4月1日ー1970年6月8日

人間の欲求は以下の5段階で構成されており、ある欲求が満たされて初めて次の欲求が出てくる。
第1段階・・・生理的欲求:まずは生きていくこと。
第2段階・・・安全欲求:健康など安全・安心を得ること。
第3段階・・・社会的欲求:仲間が欲しいということ。
第4段階・・・承認欲求:他者から認められたいということ。
第5段階・・・自己実現欲求:自分の夢を実現したいということ。

あまりにも有名な理論。人の心理をシンプルに言い表していると思いますが、いかがでしょうか。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


組織の活性化

組織の活性化

<組織活性化の背景>
・社会的ニーズの多様化
・国際化
・高齢化、若者世代の減少
・高学歴化。

<具体的方策>
・ビジョンの共有
・経営への参加
・コスト意識の醸成
・教育
・インセンティブの導入
・ほめる。
・配置転換で新しい空気を

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」とは戦国大名の武田信玄の言葉。結局、成功するのも失敗するのも人次第ですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


経営組織の体系

経営組織の体系

ライン組織

組織の最上位から最下位までが一つの指揮系統で結ばれている組織体系

ラインアンドスタッフ組織

業務の遂行に直接かかわるメンバーであるライン組織と専門家としての立場からラインの業務を補佐するスタッフ組織で構成される組織体系

ファンクショナル組織

ファンクショナル毎にチームを作る。具体的には、生産、販売、経理・、研究開発等の各機能を別々の部門に担当させ,各部門がそれぞれの専門性を発揮する。

官僚制組織 
行政組織や軍隊などの典型的な組織形態のこと。


事業部制組織   
事業単位に編成された組織のこと。複数の事業を営む企業で採用される。各事業部には、営業、製造、開発、業務など、その事業に必要な機能を配置し、各事業が自己完結型で展開できる形態を基本としている。

プロジェクト組織
特定のプロジェクト専門のチームを作り、各々のプロジェクトが独立して事業を行う。

タスクフォース
具体的な特定の目的のために一時的に編成される部局や組織のこと。

          
プロダクトマネジャー制
各製品別に製品管理担当を置く制度のこと。



いろいろな組織形態がありますね。どれがよいというわけではありませんので、それぞれのいい点、悪い点などの特徴をつかむとよいかもしれません。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります


adwords

外部リンク

カテゴリーメニュー 改
カテゴリ
検索フォーム
広告
最新記事
月別アーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
各種タグ
キーワードをクリックすると該当のページに移動

中小企業診断士 情報システム  基本情報技術者のC言語 「レスリスバーガーの人間関係論(社会体系論) 「バーナードの協働体系論 「経営の階層 経営組織の体系 「官僚的組織」 「ITパスポートの徹底研究、通信講座」 「基本情報処理技術者試験の徹底研究、通信講座」 「当社のシステム開発サービスのご説明」 「マトリックス組織」 組織の活性化 「テイラーの科学的管理法 マズローの欲求5段階説 経営基本管理(コンティンジェンシー理論) 経営基本管理(SL理論) 経営基本管理(技術システムの高度化と組織) 経営基本管理(分化と統合の理論) 経営基本管理(意思決定論) 経営基本管理状況(適応的リーダーシップ理論) 経営基本管理(システム4理論) 行動科学理論(マネジリアル・グリッド) 動機づけ・衛生理論 行動学理論(ホーソン実験) 行動科学理論(フォードシステム) 経営基本管理(期待理論) XY理論 

当社のシステム開発の詳細
当社はaccess-excelでの小規模システム開発を中心に年間に50社以上の開発実績がございます。詳細は06-6599-8890ないしinfo@ai-light.comまで今すぐお問合せください
プロフィール

itkeieinews

Author:itkeieinews
ITと経営ニュースへようこそ!
アイライトIT経営研究会
株式会社アイライト
電話でのお問合せは06-6599-8890
Email:info@ai-light.com

メールフォーム
こちらからも簡単にメールを送付できます。当社のサービスに関してご質問がございましたら、よろしければ、ご利用ください。直接お電話の場合は06-6599-8890までご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り
本サイトをそのまま消してしまうと、もう探せなくなってしまうかもしれません。 当社はいずれお役に立てることがあるかと思いますので、よろしければお気に入りにご登録ください。
リンクツリーV1.1a
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア