多角化

多角化

多角化を行う理由には以下の内容が挙げられます。 
①適正な事業バランスによる収益の安定
②範囲の経済
③リスクの分散
④未利用資源の活用

ちなみに多角化には以下の内容があります。
①水平的多角化・・・既存市場と同じタイプの顧客を対象に新たな事業を行う
②垂直的多角化・・・商品・サービスは既存のものを用いて事業を行う
③集中的多角化・・・経営資源を集中的に投下して新たな事業を行う
④集成的多角化・・・全く関連のない分野で新しい事業を行う。

展開方式 
①R&D ・・・自社で研究開発を行う
②提携・合併・・・他社と契約する
③M&A・・・他社を買収する
④スピン・アウト・・・自社の事業部を別会社にする

留意点 
①ドメイン(事業領域)の明確化
②シナジーの活用  
③経営資源の充実  
④実施タイミングの適切性           
⑤新規事業分野の成長性の見極め

経営資源の強化

経営資源に限界
多角化を行うにあたり制約となるのは経営資源に限界があるということでしょうか。
特に中小企業は経営資源が少ないので、限界を感じることは多いでしょう。
その場合には自社の中核の経営資源(コア・コンピダンス)に特化して、企業間の連携を行うのも一案かと思います。




無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営戦略になります
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

adwords

外部リンク

カテゴリーメニュー 改
カテゴリ
検索フォーム
広告
最新記事
月別アーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
各種タグ
キーワードをクリックすると該当のページに移動

中小企業診断士 情報システム  基本情報技術者のC言語 「レスリスバーガーの人間関係論(社会体系論) 「バーナードの協働体系論 「経営の階層 経営組織の体系 「官僚的組織」 「ITパスポートの徹底研究、通信講座」 「基本情報処理技術者試験の徹底研究、通信講座」 「当社のシステム開発サービスのご説明」 「マトリックス組織」 組織の活性化 「テイラーの科学的管理法 マズローの欲求5段階説 経営基本管理(コンティンジェンシー理論) 経営基本管理(SL理論) 経営基本管理(技術システムの高度化と組織) 経営基本管理(分化と統合の理論) 経営基本管理(意思決定論) 経営基本管理状況(適応的リーダーシップ理論) 経営基本管理(システム4理論) 行動科学理論(マネジリアル・グリッド) 動機づけ・衛生理論 行動学理論(ホーソン実験) 行動科学理論(フォードシステム) 経営基本管理(期待理論) XY理論 

当社のシステム開発の詳細
当社はaccess-excelでの小規模システム開発を中心に年間に50社以上の開発実績がございます。詳細は06-6599-8890ないしinfo@ai-light.comまで今すぐお問合せください
プロフィール

itkeieinews

Author:itkeieinews
ITと経営ニュースへようこそ!
アイライトIT経営研究会
株式会社アイライト
電話でのお問合せは06-6599-8890
Email:info@ai-light.com

メールフォーム
こちらからも簡単にメールを送付できます。当社のサービスに関してご質問がございましたら、よろしければ、ご利用ください。直接お電話の場合は06-6599-8890までご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り
本サイトをそのまま消してしまうと、もう探せなくなってしまうかもしれません。 当社はいずれお役に立てることがあるかと思いますので、よろしければお気に入りにご登録ください。
リンクツリーV1.1a
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア