FC2ブログ

記事一覧

ローレンシュ=ローシュの分化と統合理論

ローレンシュ=ローシュの分化と統合理論

現代のように将来の予測が立てづらいようは不確実性の程度が高い中で好業績を上げている企業は、分権と集中の能力がともに高いということを立証した。
また、普遍的な理想組織はありえず、絶えず経営環境によって変化していく必要があることを提唱した。


不確実性とは、以下のような内容があげられます。
環境情報の明確性の欠如・・・経済状況などの情報がよくわからない。
環境因果関係の一般的な不確実性・・・今の経済状況などの状況がなぜそうなっているのかよくわからない。
成果についてのフィードバック情報が入手されるまでの時間幅・・・が長い。


分権と集中の能力がともに高いというのは、要は高い能力の個人がそれぞれで判断するが全体で統制がとれているような状態のことかと思います。
言うのは、簡単ですが行うのは難しいですね。


無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

adwords

外部リンク

カテゴリーメニュー 改

当社のシステム開発の詳細

当社はaccess-excelでの小規模システム開発を中心に年間に50社以上の開発実績がございます。詳細は06-6599-8890ないしinfo@ai-light.comまで今すぐお問合せください

メールフォーム

こちらからも簡単にメールを送付できます。当社のサービスに関してご質問がございましたら、よろしければ、ご利用ください。直接お電話の場合は06-6599-8890までご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

広告

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

プロフィール

itkeieinews

Author:itkeieinews
ITと経営ニュースへようこそ!
アイライトIT経営研究会
株式会社アイライト
電話でのお問合せは06-6599-8890
Email:info@ai-light.com

お気に入り

本サイトをそのまま消してしまうと、もう探せなくなってしまうかもしれません。 当社はいずれお役に立てることがあるかと思いますので、よろしければお気に入りにご登録ください。

ブロとも申請フォーム