FC2ブログ

記事一覧

レスリスバーガーの人間関係論(社会体系論)

レスリスバーガーの人間関係論(社会体系論)

1898/10/29-1974/5/15。

ウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場において行われた一連の実験と調査であるホーソン実験が行われた。

その結果、労働生産性の変化は、作業条件の変化に基づくものではなく、作業者の心理的・情緒的なものに大きく依存することがわかった。

組織には「能率の論理」に規定される公式組織(フォーマル組織)と、自然発生的で「感情の論理」に規定される非公式組織(インフォーマル組織)が存在する。


インフォーマル組織も作業能率に影響を与える。そのためには以下のような施策が提案された。
人間関係重視の管理者教育
人事カウンセリング
職場におけるコミュニケーションの促進

飲みにケーションとか社員旅行とかはこの効果を狙ったものですね。

無料の動画講座はこちらから

システム開発会社を探されている方はこちらから

当内容と関連する記事はカテゴリの経営管理になります

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

adwords

外部リンク

カテゴリーメニュー 改

当社のシステム開発の詳細

当社はaccess-excelでの小規模システム開発を中心に年間に50社以上の開発実績がございます。詳細は06-6599-8890ないしinfo@ai-light.comまで今すぐお問合せください

メールフォーム

こちらからも簡単にメールを送付できます。当社のサービスに関してご質問がございましたら、よろしければ、ご利用ください。直接お電話の場合は06-6599-8890までご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

広告

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

プロフィール

itkeieinews

Author:itkeieinews
ITと経営ニュースへようこそ!
アイライトIT経営研究会
株式会社アイライト
電話でのお問合せは06-6599-8890
Email:info@ai-light.com

お気に入り

本サイトをそのまま消してしまうと、もう探せなくなってしまうかもしれません。 当社はいずれお役に立てることがあるかと思いますので、よろしければお気に入りにご登録ください。

ブロとも申請フォーム